株式会社くらら工房|注文住宅・増築|リフォーム|自然素材|無垢材|太陽光発電|土地探し|埼玉県桶川市

qrcode.png
http://clala.co.jp/
モバイルサイトにアクセス!
株式会社くらら工房
〒363-0026
埼玉県桶川市大字上日出谷647番地6
フリーダイヤル:0120-23-8313
TEL:048-786-8313

──────────────────
1)建築工事の請負
2)損害保険の代理業
3)前各号に附帯する一切の事業
──────────────────
 

北本市 H様邸

 

完成です

完成です
 

完成しました

 

内装仕上げ工事

内装仕上げ工事
 
木工事・外壁工事完了です。足場も外され、内装仕上げ工事中!室内の健康塗壁『ダイヤトーマス』施工もおわりました。洗面台・トイレなどの機器設備設置施工が順次行われます!!
 

システムバス・床暖房施工

システムバス・床暖房施工
 
屋根工事も終わり、耐力壁ボード・透湿防水シート・通気同縁材・バルコニーFRP防水と施工が進んでいます。室内では、システムバス・リビング床暖房の施工中。
 
大工さんにより浴室内壁にも断熱材・石膏ボードが施工されています!
断熱材・石膏ボード完了してからの、システムバスの施工です。
                 
   
くらら工房では浴室・浴槽の断熱効果向上のため、 メーカーへ断熱処理の独自依頼をしています。
システムバスの浴槽・洗い場の裏側は施工完了すると見えなくなってしまう箇所です。くらら工房では、浴槽・洗い場の断熱性能向上のため、メーカーへ独自依頼をしウレタン材を浴槽・洗い場材の裏側一面に吹付てもらっています。さらに基礎の段階で、基礎パッキンと基礎パッキンの間をウレタン充填をし床下の風の浴室内への流れ込みを防いでいます。この工程により浴槽のお湯・浴槽内温度が下がりにくくなります。暖かく入浴して頂いて一日の疲れ癒して頂けます!!基礎パッキン間のウレタン充填は浴室と玄関部の二ヵ所に標準施工しています!!
 
 
   

リビングでは床暖房の施工開始です。設置位置を出す計算を2人それぞれで行い、合っているかの入念な確認作業をされていました。数字の位置出しが終わると、図面を見ながら実際に置いて、数mm単位での調整です。5mm以下での調整をされていました。位置出しの計算と設置場所決めにかなりの時間をかけてとても慎重な施工でした。

設置場所が決まると固定です。スケールを横に置き、固定位置を毎回確認しながらの固定作業。ブツブツと小さな声に出して確認されてました。床下からの配管準備も同時に行われます。配管場所の作成・断熱処理と全ての工程において 確認→作業→確認→作業→確認 ととても慎重。配管場所作成時出る木くずなども掃除機・ほうきをその都度使用してとても綺麗な作業現場です。

上の接続部分写真、オレンジ色の管にお湯が通り循環し床を暖めます。

 

 

屋根工事

屋根工事
 
屋根工事です!!
   

屋根全体に『透湿・防水・遮熱シート』を隙間なく敷き詰め、瓦の幅に瓦留用浅木を打ち固定。

夏涼しく冬暖かい快適性と結露を防ぎ、住宅の長寿命化に力を発揮するシートです!
細部までキッチリ敷き詰め、瓦をのせます 
『透湿・防水・遮熱シート』の詳細はこちら
 
 

上棟

上棟
 
土台敷きも完了し、いよいよ『上棟』です
雨が心配されましたが、降られる事なく時折お日様も出て無事執り行えることが出来ました!!
   
1階部分の柱を施工。2階部分はクレーン車を使用して施工。電線があるため、クレーンで電線をマタイでの2階部分の柱や梁・記念の文字入れをした棟木を持ち上げます!
上棟飾りがかかげられ、大工さんにより建物の四隅をお神酒で清めます。この住宅が火災などにあう事無く末長く栄えるよう、また工事中の安全の願いを込めます。
 

土台敷き

土台敷き
 
基礎工事が完了。土台敷き施工です。
『土台敷き』の一連の工程をご紹介します!!
 
①搬入された建材に基礎から出ている金属の棒(アンカーボルト)の位置にドリルで穴をあける。
   
②基礎と土台をアンカーボルトとスクリューナットでシッカリと固定。
   

基礎と土台の間に置いてある黒い物!これは「基礎パッキン」で、床下の入り組んだコーナーの隅々まで換気・湿気を残らず排湿してくれます。
アンカーボルトに固定するスクリューナット。このナット自体に刃が3ヵ所に付いていて、専用工具で締めていくと建材の中に埋め込まれます!大工さんご自身の体重もシッカリと乗せて締めます。体重を乗せないとスクリューナットから工具がはずれてしまうそうです!!基礎から出ているアンカーボルト全てに施工します!!

 
   
③固定された土台が水平であるか、全ての柱の位置のレベルを測る。
   
④誤差±1ミリの間に微調整を行います。
⑤全ての土台の水平が取れると、土台と土台の間に「大引き」と言う建材を施工します。
   
高い箇所は1ミリ単位で削り、低い箇所には厚さ1ミリの板を挟み、微調整をし再度レベルを測ります。全ての柱が建つ箇所で行い水平のレベル出します。この工程はくららの小沢部長自らで行いチェックを行います!!くらら工房がこだわり続けるの箇所の一つなのです!
 
 

棟木へ記念の文字入れ

棟木へ記念の文字入れ
 
上棟に向けて、搬入された建材にご家族みなさんで、記念の文字入れです
   

奥様が代表してお名前などを書かれている様子を皆さんで、暖かく見守っていらっしゃいました。

お嬢さんお二人も興味深々のご様子。

 

お姉ちゃんお二人でニコニコ・クスクスと楽しそうに絵を書き入れて

一番下のお嬢さんはママと一緒に

とても素敵な記念の文字入れが完成しました

 

 

基礎仕上げ

基礎仕上げ
 
ベース・立ち上がりへのコンクリート流し込み・養生期間を終え、型枠が外されています。
小雨が降る中、玄関ポーチのコンクリート施工がされていました。
 

基礎工事

基礎工事
 
基礎工事が始まりました!!
「鎮め物」も安置しこのお宅を末永くお守り頂きます!!
   
配筋施工され、配筋検査です!!
合格頂きました!!
生コンの流し込み開始です!
 
 
 
 
 

地盤調査

地盤調査
 
既存建物の解体工事が完了し、『地盤調査』が実施されました
   
建物の四隅となる箇所と建物の中央となる箇所の計5か所の調査・測定を行います。
鉄の杭が一定の負荷をかけた状態で地面に入っていくかの調査・測定です。
 
地表近くは手作業で、地層が固くなってきたらモーター付装置で、鉄の杭を入れていきます。
鉄の杭にかける負荷用の重りは、1個25㎏。それを4つ使用して計100㎏の負荷をかけます。
モーター付装置を使用する時は、この装置が25㎏あるので負荷用重りを1個減らします。
 
 

既存建物解体

既存建物解体
 
既存建物の解体工事の開始です!!
地鎮祭・地盤調査に向け、解体工事が作業が進みます。
   
解体業者が到着。解体作業の開始です。
お隣、ご近所へご迷惑を掛けない様にまず、足場を組み、足場に養生用のシートをグルリと張り巡らせます!

養生を建物の周りに張り巡らせることで粉塵が敷地外に出ることを防ぎ、同時に住器から出る騒音などの軽減を図ります。

建物の周りの養生が終ったら、まず室内の設置設備・壁・天井・床等の撤去作業。それから建物本体の解体が始まります!!

<<株式会社くらら工房>> 〒363-0026 埼玉県桶川市大字上日出谷647番地6 TEL:048-786-8313