株式会社くらら工房|注文住宅・増築|リフォーム|自然素材|無垢材|太陽光発電|土地探し|埼玉県桶川市

qrcode.png
http://clala.co.jp/
モバイルサイトにアクセス!
株式会社くらら工房
〒363-0026
埼玉県桶川市大字上日出谷647番地6
フリーダイヤル:0120-23-8313
TEL:048-786-8313

──────────────────
1)建築工事の請負
2)損害保険の代理業
3)前各号に附帯する一切の事業
──────────────────
 

桶川市 K様邸

 

自然素材に包まれた家 完成です

自然素材に包まれた家 完成です
 
完成です!
完成見学会も無事終了しました。
ご来場くださった皆様ありがとうございました。
完成の様子を少しご紹介します。
 

内装工事の開始

内装工事の開始
 

内装工事が始まりました!

キッチン・浴室施工は完了しています

 
構造見学会に引き続き、K様のご厚意で
6月25日(土)・26日(日) 『完成見学会』 を開催させて頂く事となりました!!
画像でご紹介してきました内容を実際にご覧いただけます。是非、ご来場頂き実際に体感してくさい
   
健康塗壁『ダイアトーマス』施工の前準備です。壁と天井・床・柱等すべての箇所にマスキングテープを貼っています。『ダイアトーマス塗り壁材』も運び込まれています。吹抜け・勾配天井の壁のところには、室内の足場もくまれています!
 
 

室内石膏ボード・外壁施工完了しました

室内石膏ボード・外壁施工完了しました
 
1階、2階の石膏ボード施工が完了しました!足場も外されています!
 木工事が終わり設備・内装工事が始まります!
   
1階の断熱材施工完了!施工ボード施工が始まっています
 
 
 
 
   
階段が養生まで完了しています!!2階の赤松床材施工もシッカリと養生まで完了しています
 

赤松床材施工中

赤松床材施工中
 

2階、赤松床材施工中

赤松床材の施工には、柱や配管の箇所を切り取る作業が必要です!!

柱や配管の全てのそれぞれの箇所を大工さんの手により、採寸しピッタリ合うように切り落されます。配管など曲線部分は、採寸→ドリルで穴をあけ→金づちとノミで曲線に切り落とします。

それから、床に固定です!床への施工が終わると養生シートと養生テープでシッカリと保護します。

 

記念の文字入れされた棟木が見えました!この右側には上棟飾りも
 
外では、サイディング施工も行われています
 

システムバス施工

システムバス施工
 
システムバス施工
システムバス設置場所の下は断熱効を果向上させるため、コンクリートベタ基礎なのです
 

木工事・屋根瓦工事

木工事・屋根瓦工事
 
上棟も順調に終わり、屋根工事・木工事が着々と施工中です
 
   
<< 屋根・瓦工事 >>
   
<< 木工事 >>
 

上棟

上棟
 
いよいよ上棟です 穏やかな晴天の元での上棟です
 
   
クレーン車も到着し、順調に上棟施工中。1階施工が終わると、2階部分の建材をクレーン車で2階へ搬入です。クレーン車での操縦の方・釣り上げられた建材を2階で受け取る職人さん・2階へ上げられた建材を組み上げていく大工さん。沢山の職人さん達の息の合った作業で、安全・順調に、かつ正確な施工が進んでいきます。先日、記念の文字入れをされた棟木も設置。上棟飾りも施工大工さんにより掲げられました。この先K様邸が火災などにあう事無く、末永く栄えるよう、また工事中の安全の願いを込めます。
 
 

棟木へ記念の文字入れ

棟木へ記念の文字入れ
 
土台材の搬入。棟木への文字入れもされました!土台敷きも完了し、上棟の準備完了です
 
   
天八意思兼命(あめのやごころおもいかねのみこと)
ご主人が棟木に書き入れられた『天八意思兼命』の文字。
K様ご夫妻が結婚式を挙げられた式場の神様のお名前だそうです。
『天八意思兼命』…『あめのやごころおもいかねのみこと』とお読みするそうです。
「日本書紀」「古事記」に登場する、『知恵・学問・受験の神様』として信仰されているそうです!
 
弟、素戔嗚尊(すさのおのみこと)の乱暴な行いを悲しまれ、天照大御神(あまてらすおおみかみ)が天岩戸(あまのいわと)に隠れてしまい、世の中は真っ暗闇となって多くの災いが起きました。そこで、八百万(やおよろず)の神様を集め、天照大御神(あまてらすおおみかみ)を天岩戸(あまのいわと)からお出になって頂く方法を考え成功させた神様 だそうです。
 
 

基礎工事

基礎工事
 
順調に「配筋施工」・「社内配筋チェック」・「生コンクリート流し込み施工」と基礎工事一連施工完了です。
 
   
墨出しを基に、ショベルカーで基礎となる所を掘っていきます。建物の建つ場所にジャリを均等に敷き詰めます。その上に土間シートで全体を覆います。この土間シートは、地面からの湿気をコンクリートに伝えないようにする為の敷設します。土間シートの固定が終わると、配筋施工です。一か所・一か所針金で留めます。そして社内配筋チェックで配筋サイズ等を厳しくチェックします。そのあと、住宅検査センターによる配筋検査です。図面通り配筋されているかをメジャーを当て検査されます。検査合格して基礎の生コンクリートの流し込み施工が出来ます。配筋の下や配筋にシッカリとコンクリートが回る様に、ハンドミキサーのような器具を使い気泡など無くなるようにシッカリと流し込みを行います。基礎部分は住宅の土台のなる大事な部分ですので各工程、シッカリとチェックをしながら施工します。
 
季節がら不安定なお天気のため、毛布で完全に覆っての養生です。
万全の養生でとてもきれいな基礎ができました!!
 

地鎮祭

地鎮祭
 
地鎮祭です。穏やかなお天気の中、執り行われました。
   
K様ご一家と一緒に、くらら工房からは社長・営業担当・設計担当・工事責任者など参列させて頂き、
土地を清めK様ご一家の末長いお幸せと繁栄を願い、かつ工事の安全を祈願しました
 
   
遣り方の施工中です。建物の正確な位置を出す重要な工程。周りの木の枠に墨だしで印を付けていきます! 
<<株式会社くらら工房>> 〒363-0026 埼玉県桶川市大字上日出谷647番地6 TEL:048-786-8313