株式会社くらら工房|注文住宅・増築|リフォーム|自然素材|無垢材|太陽光発電|土地探し|埼玉県桶川市

qrcode.png
http://clala.co.jp/
モバイルサイトにアクセス!
株式会社くらら工房
〒363-0026
埼玉県桶川市大字上日出谷647番地6
フリーダイヤル:0120-23-8313
TEL:048-786-8313

──────────────────
1)建築工事の請負
2)損害保険の代理業
3)前各号に附帯する一切の事業
──────────────────
 

薪ストーブのある平屋建て

 

薪ストーブのある平屋の家 完成です

薪ストーブのある平屋の家 完成です
 

薪ストーブの設置完了し、完成しました!!

完成見学会も開催させて頂きました。薪ストーブのある平屋建て。

沢山の皆様においで頂きました。

完成の室内を少しご紹介します。

   

室内・外壁等施工が完了し、お引渡しに向けて「薪ストーブ」の設置施工です。

ギラギラ照りつける太陽で、ストーブの真っ黒な煙突は素手では持てないくらい熱くなっています。

 

 

室内には、薪ストーブ本体が設置されています。室内・室外の煙突を設置する位置出し・確認作業です。

 

電気繋ぎこみ工事

電気繋ぎこみ工事
 

内・外装の施工が完了しました。

東京電力さんによる電気工事です。

 

建具施工・健康塗壁ダイアトーマス

建具施工・健康塗壁ダイアトーマス
 
基礎部分コンクリート仕上げ塗り作業も終わり養生されています。玄関タイル・シュークロークのタイル施工も終わっています。室内土間も仕上げが終わっています。この土間には、「薪ストーブ」を設置します
 
先日、N様と色決めした「ダイアトーマス」施工です
壁に実際に塗るのは、専門の職人さんです。2人の職人さんで作業。色・塗り方などをシッカリ確認してからの作業です。
 
ダイアトーマスの養生期間も終了し和室の障子の設置施工中。設置場所のそれぞれにピッタリと収まる様に、確認・調整・確認・調整の作業を黙々とされていました。
 

健康塗壁ダイアトーマス色合わせ・下地施工

健康塗壁ダイアトーマス色合わせ・下地施工
 
木工事が終わり、キッチン・浴室設置施工も終わっています。
休日を利用して、寝室の健康塗壁「ダイアトーマス」の色合わせです。N様ご夫妻のご希望の色に近づけるよう少しずつベース色に色を足しながら色を入れていきます。
同時進行で、石膏ボードと石膏ボードの繋ぎ目を平らに埋めます。
   
継ぎ目埋め
石膏ボードと石膏ボードの繋ぎ目を埋める作業も色合わせと同時に施工中!!
塗り壁表面に響かないようにする一手間かける工程です。黙々と進むとても丁寧な作業です。
   
色合わせ
寝室の壁、健康塗壁「ダイアトーマス」の色合わせをN様ご夫婦と秀和工房さんと行いました白い基材料のに色を少しずつ入れて、ご希望の色に近づけます。
 
色が決まったら、いよいよ塗り壁施工です!
 

石膏ボード施工完了

石膏ボード施工完了
 
断熱材施工と石膏ボード施工が完了しています!建具枠材施工が始まっています!浴室の扉も設置!
 

浴室・壁、天井断熱施工

浴室・壁、天井断熱施工
 
施工ボードも施工され、浴室設置!!
   
 
壁・天井用の断熱材が納入されました!
壁・天井の断熱材施工が始まります!
 

床断熱施工

床断熱施工
 
床断熱材が施工されました!!
 

屋根瓦工事・木工事

屋根瓦工事・木工事
 

上棟から順調に施工が進行中です!

屋根の瓦も到着し、専用の機器を使って瓦を屋根に上げていきます。

瓦の施工がスムーズに進むよう、施工場所へ瓦を置いていきます。

 

室内では、木工事も順調に施工中です。

柱・耐力壁には、防蟻剤が塗布されています!

図面を確認しながら、柱・梁をシッカリと固定します。

 

上棟

上棟
 
土台敷き・レベル確認も完了し、いよいよ上棟です
大工さん・クレーン車操作者など各職人さん達の息の合った作業で正確・確実な施工です
 
クレーン車も到着。上棟が始まります。
クレーン車で運び込まれた建材を職人さん達が手際よく施工していきます。
クレーン車との息もピッタリ
記念の文字入れをした棟木も施工されました
大工さんにより、上棟飾りもかかげられます!
上棟に際し、このN様邸がこの先火災などにあう事無く、ご一家が末長く栄えるように、また工事中の安全の願いを込めます。
 
 
平屋の家 土台敷き
親子の大工さんで土台敷き施工中
 
平屋の家 土台敷き
土台敷き施工完了
平屋建てなので、とても広いです
 

棟木へ記念の文字入れ

棟木へ記念の文字入れ
 
基礎立ち上がり施工も終わり、基礎工事完了しました。上棟に向けて、棟木に記念の文字入れを行いました
お子様がまだ小さいので、ご夫婦お二人での文字入れです
 

基礎工事

基礎工事
 
伐採作業完了で、緑に囲まれた広々した空間になりました。いよいよ基礎工事です!!
   
まず、『遣り方』・『墨だし』。建物の水平を取るための木枠を打ち込みます。この枠を使用して基礎となる場所出しを行います。ショベルカーで基礎となる箇所を掘る「根切り」と言う作業。根切りが終わるとジャリを敷き詰め固めます。ジャリの上は土間シートで全体を覆います。この土間シートは、一面を覆うことで、地面からの湿気を基礎コンクリートに伝えないようにする為に敷設します。土間シートの下に地鎮祭の時、神主さんから頂いた「鎮め物」も一緒に鎮めます。建物完成後に暮すご家族に平和と幸福をもたらすと昔より考えられています。
 
配筋施工です。150㎜間隔で施工します。正確さと根気のいる作業です。水平のレベルの確認も同時に行いながらの作業です。
職人さんによる施工・チェックの後、社長自ら行う社内チェックです。スケールを置き、規定での施工になっているか場所を変えて何カ所もチェックします。社内チェック後、住宅検査センターの検査員による『配筋検査』となります。
 

N様による敷地内の木の伐採作業

N様による敷地内の木の伐採作業
 
18日に降った雪で北側のけや木の枝が、折れたそうです。安全の為、基礎施工前にN様とお父様のご家族で建築場所近くの木を伐採されます!!前もって、倒す方向などお父様とお母様で下調べがお済です。
   
この日伐採する木は、樹齢200年以上はあろうかと思われる大木。まずは、お酒とお塩で木の幹を今までの感謝の想いを込めてお清めされていました。いよいよ、チェーンソーの刃を入れます。事前確認の方向に倒れるように、刃を入れます。作業中にお使いのチェーンソーの他にも3台のチェーンソーが置いてあります。数台のチェーンソーを使い分けて、幹に少しずつ切込みを入れていきます。倒す方向に根付いている大木にウィンチを取付け、倒す幹にワイヤーを通し、ワイヤーをウィンチに固定。ワイヤーを慎重に引っ張り木を倒します。倒れた幹と切り株をもう一度、お酒とお塩でお清めをされていました。ご家族で大木の伐採をされてしまう事に驚き、更にお持ちの器具・装備の凄さに、そしてそれらを使いこなしていらっしゃるお二人。本当にスゴイです!!
 
 

地鎮祭

地鎮祭
 
地鎮祭です。とても穏やかなお天気の中、執り行われました。
   
N様ご一家と一緒に、くらら工房からは社長・専務・設計担当・工事責任者など参列させて頂き、
土地を清めN様ご一家の末長いお幸せと繁栄、そしてお子様たちの健やかなご成長を願い、かつ工事の安全を祈願しました小さなお子様お二人とも、ニコニコととても良い子でした
 
<<株式会社くらら工房>> 〒363-0026 埼玉県桶川市大字上日出谷647番地6 TEL:048-786-8313