株式会社くらら工房|注文住宅・増築|リフォーム|自然素材|無垢材|太陽光発電|土地探し|埼玉県桶川市

qrcode.png
http://clala.co.jp/
モバイルサイトにアクセス!
株式会社くらら工房
〒363-0026
埼玉県桶川市大字上日出谷647番地6
フリーダイヤル:0120-23-8313
TEL:048-786-8313

──────────────────
1)建築工事の請負
2)損害保険の代理業
3)前各号に附帯する一切の事業
──────────────────
 

桶川市 N様邸

 

自然素材三世帯住宅 完成です

自然素材三世帯住宅 完成です
 
自然素材に包まれた「檜の大黒柱」と「紫檀の床柱」のある120坪三世帯 和モダン住宅。
沢山の職人さんの熟練した技術・技・それぞれの想いがついに形となり完成です。
自然素材・天然無垢材に包まれた爽やかな空気感が全ての空間を満たします。
天然無垢材檜の柱桜と松の床呼吸する健康塗壁、収納スペース多数確保した渾身の室内を少しだけご紹介します。
 

玄関たたきタイル

玄関たたきタイル
 
玄関たたきのタイル施工です。
着々と完成に向けて細かな施工が進みます。
 

健康塗壁ダイアトーマス色合わせ・施工

健康塗壁ダイアトーマス色合わせ・施工
 
健康塗壁ダイアトーマス施工です。
ダイアトーマスの色合わせを行いY様のお好みの色にします。
石膏ボード繋ぎ目やクギのところを仕上がりに影響が出ない様に下地処理を行い、色合わせで作成したダイアトーマスを専門の職人さんが施工します。
 
<< 健康塗壁ダイアトーマス 色合わせ >>
 
 
健康塗壁ダイアトーマス本塗り完了
健康塗壁ダイアトーマス
 
 
健康塗壁ダイアトーマス
 
 
健康塗壁ダイアトーマス
 
健康塗壁ダイアトーマス
 
健康塗壁ダイアトーマス
 
健康塗壁ダイアトーマス
 

木工事完了

木工事完了
 
100坪を超える3世帯住宅の木工事が完了です。
施行してくださった大工さんだけでも総勢6名。ここまで他にも沢山の職人さんが携わってくださっています。内装・仕上げ作業にはいります。
 

床の間・造り付け仏壇 施工

床の間・造り付け仏壇 施工
 
大工さんによる床の間・造り付け仏壇・収納の内部施工です。
細かくサイズをチェックしながらの工程です。
 

室内設備・建具

室内設備・建具
 
室内木工事も着々と進行中です。
大工さんによる収納・腰板・造付収納棚など細かな工程に入っています。
システムバスの施工は完了。システムキッチン施工中です。
外壁施工も進行中。
玄関周りの外壁タイル施工中でした。
 
 
システムキッチンが搬入され細かなパーツを組み上げ設置
 
 
 
和室、大工さん手作りの収納棚の施工中
 
 
   玄関まわり外壁のタイル施工。
   貼るサイズにタイルをカットし、
   角の狭い箇所なので1個ずつの施工です。
   半日ぐらい時間を置くとシッカリと
接着されて動かなくなるそうです。
無垢材フローリング施工
 

木工事・玄関まわりタイル進行中

木工事・玄関まわりタイル進行中
 
床のフローリング施工・建具・収納庫施工中、階段も設置されました。
フローリングには、自然素材のカバ桜材・赤松材が採用されています。建具・収納庫にも自然素材が使われています。
外壁施工も始まりました。
 
 
暗くなりがちな廊下に
トップライトを採用したので、
廊下に柔らかな光が差し込みます。
 
 
 
 
 
 
階段の両側に窓を設けました。
階段の幅を広くしたので、広々とした
採光の優れた空間になりました。
 
 
 
 
 和室畳の下に引き出し式の 
収納を設置しました。
 
 

天井・壁・床 断熱

天井・壁・床 断熱
 
断熱材施工の様子です。
6月下旬  床断熱と天井の発砲ウレタン吹付(断熱材)
7月下旬  壁断熱
の施工がされました。
 
 
【 床断熱 】
床断熱
 
 
床断熱
 
 
床断熱
 
 
【 屋根裏吹付発砲ウレタン断熱 】
屋根裏吹付発砲ウレタン断熱 屋根裏吹付発砲ウレタン断熱
 
 
屋根裏吹付発砲ウレタン断熱
   
吹付発砲ウレタン断熱は、液状のウレタンを吹き付けた後に膨らんでくるので細かい所まで隙間なく施工出来ます。グラスウールの断熱材と比べて隙間が出来にくく密着するので、気密性能もバツグンです。
吹き付け乾燥後、余分なところは削ります。ウレタンは、魔法瓶や冷蔵庫などにも使われている断熱材です。
 
 
【 壁断熱 】
壁断熱
 
 
壁断熱
 
 
壁断熱
 

気密検査 実施

気密検査 実施
 

窓サッシ・玄関ドアの施工も終わり、順調に木工事進行中です。

 

職人さん方にもご協力頂いて、気密検査実施です。

現場内への出入りを制限し、外気を遮断して気密精度を検査します。

 
外気の入って来ている箇所を入念にチェックします。外気が流れ込んでいる場所・流れ込んでいそうな箇所を全て塞ぎます。
   
外気からの流れ込みを感じなくなったら、いよいよ室内の空気を外へ出す装置のスイッチをオンします。
30分ぐらいかけて室内の空気を外へ出します。この間も外気が流れ込んでいる箇所は無いか室内チェックをします。
 

一定期間の数値の測定を行い、測定値を専門端末に入力し気密値を出します。

 
 
気密測定機器
室内空気を外に出す機械。
 
 
この装置で外に排出します
   
気密検査の結果が出ました。
【検査結果】
 N様邸の気密検査結果は、数値0.7。
 
結果の数値の内容は
 通常値  = 5.0以下  1m2あたり   縦1㎝×横5㎝以下 くらいの隙間があると思われる
 高気密値 = 2.0以下     〃    縦1㎝×横2㎝以下 くらいの隙間があると思われる
 
N様邸の数値 0.7 は  1m2あたり 縦1㎝×横0.7㎝ 
N様邸は3世代住宅の大きな建屋なので、とても高気密を維持している検査結果となりました。
 

瓦工事

瓦工事
 

木工事と同時進行で瓦工事施工中です。瓦と瓦の間に設置する「雪止め」。N様邸の「雪止め」は、瓦自体に同素材で付けて瓦と一体化している物なのです!

   
玄関入ってすぐの所に、「大黒柱」が設置されています!!21㎝×21㎝角の7寸の大きな大黒柱なのです。その奥には、床柱も設置されています。仏間になる和室。N様と社長で実際に見て決定されたものです。
完成までキズなど付かないようにシッカリと養生し守ります!!
 
 
「大黒柱」と「床柱」 右手前が「大黒柱」奥中央が「床柱」
キズなど付かないようにシッカリ養生し完成まで守ります!!
右手前が「大黒柱」
奥中央が「床柱」
キズなど付かないようにシッカリ養生し完成まで守ります!!
 
「大黒柱」 7寸の大黒柱。存在感は圧倒的です。
7寸の大黒柱。存在感は圧倒的です。
 
「床柱」 実際に見て決定されました!
実際に見て決定されました!
 

木工事・屋根工事

木工事・屋根工事
 

上棟の翌日より最大5人の大工さんで木工事開始しました。木工事と同時進行で、柱・土台に更に防護処理を施工です!

瓦工事も始まりました。

   
木工事・屋根工事
   
防蟻処理です!!
上棟で施工された『柱』『土台』へ 炭の防蟻・防腐剤『ヘルスコ・キュアー』の塗布です。ローラーとハケを使って塗布!更に水回りの基礎部分にも塗布します。全ての箇所を2度塗りしていきます。
 

上棟式・上棟祝いの宴

上棟式・上棟祝いの宴
 
いよいよ上棟です19日・20日の二日間で上棟します!
土台と同様に3軒分の大きさ!!柱・梁の本数が…多いのです。
 
上棟式と上棟祝いの宴がもうけられました。
   
上棟式・上棟祝いの宴
上棟式です
2階フロアーに祭壇が設置され、N様・社長が並びます。上棟飾りの前では担当する大工さんにより祝詞がささげられます。そして、建物のそれぞれの角を「お塩」「お酒」「お米」など捧げ清めます。
 
上棟式の後は、施主様主催の上棟祝いの宴がもうけられました。大工さん・各職人さんとご近所・ご親戚の皆さまもお集まりです。N様が美味しいご馳走とお酒などの飲み物と沢山ご用意してくださっています。基礎を施工した職人さん 村上工業さんが「木遣り唄」を披露してくれてお祝いの席に華を添えてくれました
   
祝 上棟!!
いよいよ上棟です19日・20日の二日間で上棟します!土台と同様に3軒分の大きさ!!柱・梁の本数が…多いのです。
職人さん10人と会社からの小沢部長とでの施工です。まるで…柱の林のようです。周りがとても良い木の香りです
 

土台敷きと炭の防腐・防蟻剤塗布

土台敷きと炭の防腐・防蟻剤塗布
 
17日・18日の二日間で土台敷きです!17・18日は、定休日でしたが社長と小沢部長が休日返上での施工です!
3軒分の大きさのお宅なので、土台の本数も3倍以上!図面を確認しながら設置場所へ土台を置き合わせするだけで汗だくです。基礎をまたぎ土台を運ぶのでかなり体力消耗なのでは。。。
土台敷きと同時に炭の防蟻・防腐剤「ヘルスコ・キュアー」の塗布も進行中です!
土台敷き完了し、あとは上部部分の「ヘルスコ・キュアー」塗布です。
「ヘルスコ・キュアー」は2度塗りしないと最大限の効果を発揮しないのです!
上棟した後にも柱・土台への塗布施工が続きます。
 

上棟に向けて準備

上棟に向けて準備
 

上棟に向けての準備です!

足場の設置完了!基礎部分に炭の防腐・防蟻剤「ヘルスコ・キュアー」塗布も完了しています。土台敷き施工前に基礎上部に塗布します!(土台敷きしてしまうと塗布出来ないので…)上棟すると土台・柱・水回り基礎部分に更に「ヘルスコ・キュアー」を塗布します。白アリ被害防止と床下調湿効果を上げる重要な工程です。

   
土台位置出し
土台敷きの準備。位置出しです。図面を確認しながら土台を置く位置に印を付けていきます!
   
電気溶接
玄関ポーチ柱の基礎部分の電気溶接です。
万が一の大きな地震等の災害が起きても、柱が抜けたり根本より折れたりしないように万全の対策・施工を実施してます。
支柱の位置出しと垂直・平行をチェックしながらの電気溶接ガッチリ固定します。
溶接完了後、コンクリートを流し込み更に強固に固定します!!
 

基礎完成

基礎完成
 
基礎完成です
養生L期間を置き、立ち上げり型枠が外されています!玄関ポーチ・玄関に砂利が敷かれています。この後、コンクリートを流し込みます。
 

基礎 立ち上がり

基礎 立ち上がり
 
基礎立ち上がり施工です。
図面を基に立ち上がり箇所に型枠を組んでいきます。
   
立ち上げり型枠の中にコンクリートポンプ車で生コンを流し込みます。2~3日の養生期間を置きます。
 
 

基礎 生コン流し込み

基礎 生コン流し込み
 
住宅検査センターにより配筋検査を終え、基礎部分に生コン流し込みです
コンクリートミキサー車からコンクリートポンプ車へ生コンに生コンを入れ流し込みます。
流し込み作業は4人の職人さんでされていました。
ポンプ車のホースを操り流し込む方・流し込まれた生コンをパワーミキサーでかくはんし空気を抜く担当の方・かくはんした生コンを平らにならす方・生コンの厚み、水平を測定器を使って細かくチェックする方。
息の合った連係作業でテキパキと進みます!
この日、到着したポンプ車!新車のポンプ車です!太陽の光を浴びてピカピカに輝いていました
ミキサー車も続々と到着。流し込み施工が順調に進みます。
 

基礎工事

基礎工事
 
配筋検査です
地鎮祭の時、神主さんから頂いた「鎮め物」。ご家族に平和と幸福をもたらし、ずっと見守ってくださいます。
配筋施工の社内チェック・住宅検査センターの検査員による配筋検査です。建物面積が広いですが、もちろん一発でパス
 
造成からの施工の様子も下に載せています。是非ご覧ください
   
基礎工事開始!! 配筋施工
敷き詰めた砂利の上に防水土間シートで隙間なく覆います。そして配筋施工です。建物の耐震・強度能力を確保するためのとても重要な工程です。間隔が決まっているので、正確かつ丁寧な施工です!
   
基礎工事が始まりました。基礎となる外周をショベルカーで溝を掘っていきます。
丸くグレーになっている箇所が柱状改良した場所です。
柱状改良した部分を除いた全面とショベルカーで作った溝に砂利を隙間なく均等に敷き詰めます。
   
地盤柱状改良
地鎮祭も滞りなく終わり、地盤改良施工です。
   
基礎工事に向けて、地盤調査から作成された図面を元に柱状改良施工です。重機・セメント袋も到着。このセメント袋は一袋で約1t。この1tの袋1つに対してお水を約600ℓ使用して、地中に柱状を作成します。赤いヒモで印が付いている箇所全てに施工していきます。
 
N様邸は、3世代住宅の大きな建物。N様邸で使用するセメントの袋の総数は 1t×27袋 + 500㎏×1袋 + 25㎏×7袋 =  合計 27.675t  戸建新築3軒分に量なのです!
 
 
   
地鎮祭!!
担当営業と打ち合わせを重ね、いよいよ地鎮祭です。厳かに、穏やかに執り行われました。
   
地盤調査
   
造成
建築工事着工に向けて建設予定地の造成が始まりました。
<<株式会社くらら工房>> 〒363-0026 埼玉県桶川市大字上日出谷647番地6 TEL:048-786-8313