株式会社くらら工房|注文住宅・増築|リフォーム|自然素材|無垢材|太陽光発電|土地探し|埼玉県桶川市

qrcode.png
http://clala.co.jp/
モバイルサイトにアクセス!
株式会社くらら工房
〒363-0026
埼玉県桶川市大字上日出谷647番地6
フリーダイヤル:0120-23-8313
TEL:048-786-8313

──────────────────
1)建築工事の請負
2)損害保険の代理業
3)前各号に附帯する一切の事業
──────────────────
 

レポートメニュー1

 

外断熱&檜の家着工から完成までをレポート中!!

外断熱&檜の家着工から完成までをレポート中!!
 
   
断熱材に気密テープ(黒いテープ)が貼られ、窓が入る場所も見えて来ましたね
 
 
細かい部分にまで断熱を施工▲
 
 
 
通気をとっているのが良く分かります▲
   
家らしくなってきました!美しい斜め張り!
 
 
美しい斜め張り▲
 
内側から見たところ▲
 
 
 
開閉可能な通気口▲
個人的には、この段階で見る斜め張り(写真左上)は、何度見ても美しいと思います(光が差し込むとなお綺麗!)。しっかりと定規ではかりながら仕上げていて、通常の物より厚めの材料を使っていますから、多少なりとも構造的な強度アップにも繋がると考えています。
   
桧の柱、吹抜けの屋根がとても綺麗な仕上がりです
   
今回の家は外断熱の家であると同時に、無垢の桧をふんだんに使った味わい深い家です。リビングは吹抜けになっていて、無垢の木ならではの表情を存分に楽しめる空間になっています。
 
断熱材の上に、屋根をはるための垂木を施工しています
   
屋根の下地の上に断熱材を施工しています
 
 
 
今日は屋根の下地の上に断熱材を施工しています。
   
 
屋根の下地
今日は大工さんが屋根の下地をはっています。さすがに手際が良く、高い場所であっという間に作業を進めていきます。
   
祝・上棟式!
本日、事故もなく無事に上棟式を迎えることができました。心配していた天気も崩れることもなく、無事に棟上げが終わりました。
上棟式では、近隣の人や施主のご家族、大工さん全員で親好を深めます。この日は大工さんが持ち前の歌唱力を活かして、最近はあまり耳にする機会がない「木遣り歌」を施主さんの前で披露してくれました。施主さん大感激です。
これまで何百棟と家を建てて来ましたが、やはり上棟式は胸がワクワクしますね。
   
明日の上棟式に向けて現場は大慌て!
 
 
 
明日の上棟式の準備のために大工さんが基礎の上に気密シート施工しています。
気密シートとは、黒いチューブ状の物が両端についたもので、アップで見るとこんな感じです。
   
基礎の外周に機密シートを引いて土台を乗せる
 
 
 
黒くて四角い形の物は基礎パッキンといいます。
基礎パッキン設置で床下風の中通りを良くします。
   
上の左の写真では、気密シートが綺麗に施工されています。 右の写真では基礎の上に黒い四角い形をしたものが置かれていますね。これ、基礎パッキンというのですが、ちょっと厚みがあります。厚みがあることで、風通しを良くすることを目的に使われます。
   
こまめにレベル確認しています。とても繊細な作業の繰り返しです。
   
上棟式に向けて材木が搬入されてきました
昨日左官職人さんが施工した基礎の立ち上がり部分が、ビニールに包まれて養生されています。あと、上棟式に向けて現場に材木が搬入されて来ました。
   
立ち上った基礎にさらに工夫
麦わら帽子をかぶった左官職人さんが、基礎の立ち上がり部分の断熱材の上から 発砲モルタルを施工しています。左上の写真で左官職人さんが貼っているのはメッシュの網で、断熱材の保護のために重要な作業の一つです。
 
 
 
 
 
下の部分までしっかりとモルタルを施工していますね。こういった細かい部分が家づくりでは大変重要です。
この段階までくると、外断熱の家の特長がだんだんと見えてきますね。
   
基礎の立ち上がり部分にコンクリートを流し込む
基礎の立ち上がり部分にコンクリートを流し込む準備が整いました。 右の写真は、実際にコンクリートを流し終えたところです。
注意して見ていただきたいのは、今回の家は外断熱の家なので、流し込まれたコンクリートの右側にブルーの断熱材が見えていますよね。コンクリートからにょきっと出ている太い金具は、基礎に土台の木をしっかり固定するためのものです。
   
配筋施工が始まりました
左の写真で、職人さんが配筋をチェックしていますね。なにげない作業のように見えますが、配筋はすべて150ミリ間隔で施工しなければならないので、正確さはもちろん、とても根気のいる作業なんです。
   
ベースを流し込んでいます。コンクリートの流し込みは時間との戦いなので、決められた時間内に施工を終わらせなければなりません。職人さんは大慌てです。ちなみに、この日は気温が高すぎたため、午後三時ぐらいまで待ってから作業を始めました。
 
 
 
↑2007/08/10
   
基礎の工事が始まりました
左の写真で、職人さんが丁寧に並べている白い石はグリ石です。
グリ石をまず全面にひいて、その上に砕石(グレーの石)を全面にひきます。
 
 
 
 
 
翌日には石を全面にひいて機械を使ってならした後、左の写真のように防湿シート(オレンジ色)を施工して、その上から捨てコンうちです。
   
水盛りをしています
確かな家作りの基礎を決めるための、一番重要な工事です。
   
地盤調査
 
 
 
基礎の工事に入る前に、スエーデン式サウンディング試験で地盤強度の調査をしました。

地盤の強度を四か所以上にわたって入念に調査したところ、補強する必要のない地盤であることが判明しました。

強く長持ちする家を建てる上で、地盤調査はとっても重要です。
   
地鎮祭(じちんさい)
一般的に、「じちんさい」や「じまつり」と読みますが、正式には「とこしずめのまつり」と読むのだそうです。
   
まずは会場設営です
祭壇を整え、お供え物(酒、米、塩、尾頭付きの魚、海藻、野菜、果物)などを準備します。

修祓(しゅばつ)の儀
神籬(ひもろぎ)、祭壇、出席者をお清めします。

降神(こうしん)の儀
神様を神籬(ひもろぎ)にお招きします。
 

祝詞奏上 (のりとそうじょう)
神様に施主の氏名と土地名をお知らせし、土地を手に入れることのお許し、工事中の安全、施主の家内安全をお願いします。

 

四方祓いの義
土地の四方を鬼門から祓い清めるため、塩・お酒・水でお清めします。

 

刈初(かりぞめ)の儀
忌鎌(いみかま)で、刈初め(鎌入れ)(草刈のしぐさを3回 「エイッ、エイッ、エイッ」と声を出しながら)をします。

 

穿初(うがちぞめ)の儀
忌鍬(いみくわ)で穿ち初め(鍬入れ)(鍬入れのしぐさを3回「エイッ、エイッ、エイッ」と声を出しながら)をします 。

 
無事に地鎮祭終了
最後に記念撮影です。お天気が良くてなによりでした。
<<株式会社くらら工房>> 〒363-0026 埼玉県桶川市大字上日出谷647番地6 TEL:048-786-8313