古民家「くらら夢ひろば」

~・~営業日カレンダー~・~
   2018 9月
日 月 火 水 木 金 土
26  27  28  29  30  31  
 2    3    4    5   6   7   8
 9  10  11  12  13  14  15
16  17  18  19   20  21  22
23  24  25  26  27  28  29
30    1     2    3    4    5     6
 
       2018 10
日 月 火  水 木 金 土
30   1   2    3    4    5    6
 7    8  9   10  11   12  13
14  15  16  17  18   19  20
21  22  23  24  25  26  27
28  29  30  31   1     2    3
  ~・~・~・~・~・~・~・~・~・~・~
 
qrcode.png
http://clala.co.jp/
モバイルサイトにアクセス!
株式会社くらら工房
〒363-0026
埼玉県桶川市大字上日出谷647番地6
フリーダイヤル:0120-23-8313
TEL:048-786-8313

──────────────────
1)建築工事の請負
2)損害保険の代理業
3)前各号に附帯する一切の事業
──────────────────
 

平屋建て古民家『くらら夢ひろば』

 

古民家リフォームの基礎知識

古民家リフォームの基礎知識
 
想いや愛着が染みついた古民家には、日本の伝統的な家造りの良さの再発見ができます。100年以上の風雪に耐えてきた古民家には独自の魅力があります。
使用している立派な梁・想いで深い建材など愛着のある部分を生かし、耐震性や防寒対策など家の基礎的な性能を上げて再生をします。新しい家では味わえない重厚感を感じられるのも古民家の良さ。使用されている立派な柱や梁は、今ではもう望めないかもしれません。とくに黒光りする大黒柱・天井を走る太い梁などはそれ自体に味わいがあり、現代の建築では再現のしようもありません。立派な木材は、今では希少価値があり、お金を用意しても手に入らないスケールの物もあるでしょう。手をかける価値のある家には、充分手をかけてあげたい。
 
その土地ならではの気候に通じた地元で取り組む工務店・大工さん・職人さんとの人間関係を築くことも重要なポイントです。その土地の気候を熟知している職人さんの技術は必須となります。
 
古民家で快適に暮らすための、耐震補強・断熱補強・内装材の張替・設備機器の交換などは、そのままコストに反映されます。時間とコストのかかるのが古民家リフォームです。更に今後のメンテナンスも十分に見越しておく必要もあります。
 
古民家の良さを受け継ぎつつ、今の生活スタイルに合うように手を加える。
今流行りのローコスト住宅が一世代の住まいであるとしたら、古民家リフォームは『住み継ぐ家』と言えます。
 
 
 

古民家『くらら夢ひろば』

古民家『くらら夢ひろば』
 
日中の古民家「くらら夢ひろば」室内 日中のLDK
日中の雰囲気と夕暮れ時とでは、室内の表情がこんなに変わります。
 
 
古民家「くらら夢ひろば」 落ち着いた和室室内 LDKの人の気配は感じながらも別空間となります。
100年以上前の千本格子の4枚建具から落ちた
影が落ち着いた室内空間を効果的に演出しています。
 
古民家「くらら夢ひろば」 和室 LDKと和室が続きの間となり広々とした一体感が生まれます
千本格子の建具を開けるとLDKとの一体感が生まれます。
   
 
100年の時を経て、古き良き時代のあの時に更に現代の機能・技術が融合された、くらら工房の技術の集大成となった
 
 
古民家『くらら夢ひろば』
 
写真や言葉ではお伝えしきれません。
是非、ご来場頂き、直接感じて頂きたい。
いつでもご覧いただけます。
沢山の皆様のご来場を心からお待ちしております。
 

くらら工房の古民家プロジェクト『くらら夢ひろば』

くらら工房の古民家プロジェクト『くらら夢ひろば』
 
現代社会の日々の仕事や生活・時間に追われ、いつしか感じなくなっていた・忘れていた、昔ながらの日本の住まいの良さを体感でき、その思いを日々感じながら快適に暮らせたら…。
 
古き良き時代のなつかしさ・素朴さ居心地の良さ、人としての生き方・暮らし方がギュッとつまっていて訪れるたびにホッとする。そして、現代の安全・安心・快適さをクリアした空間を日頃お世話になっている地元の皆様の情報交換の場として、憩いの場としてぜひ使っていただきたいという思いから、くらら工房『くらら夢ひろば』プロジェクトはスタートしました。
 
 
そして待ちに待ったこの時が…
係わってくださった多くの方たちの想いがついに形になりました。
 
 
古民家『くらら夢ひろば』 古民家『くらら夢ひろば』完成体感会 開催
 
4枚引戸の千本格子の建具。
築100年以上経つ母屋の和室で使用していた建具なんです。100年以上の時を経た色合い、代々の住んでいた方々が大切に使用されてきたのがわかります。
 
 
古民家『くらら夢ひろば』 古民家『くらら夢ひろば』完成体感会 開催
LDKに無煙薪ストーブを設置。展示場の薪ストーブとは違うメーカーの物を設置しています。古民家に設置したのは、長野県にある㈱モキ製作所製の薪ストーブ。メーカー視察をし決定しました。間口も広く太めの丸太の薪も入れやすそうです。薪ストーブの上では、お湯を沸かしたり、コトコトと煮物・焼き物のお料理も出来ます。薪ストーブの季節になるのがいまから楽しみです。薪ストーブに火が入る季節にも皆様ぜひご来場ください。
   
和室の照明には、秩父郡長瀞町に工房のある「明かり作家 霜触繭子」さんに作品を設置しています。
霜触繭子さんの作品は、和紙を糊だけで何層にも重ね合わせてあるので、見た目よりもシッカリとした硬さがあります。古民家『くらら夢ひろば』の和室には吊るしシェードと置型スタンドを設置しています。
明かりを点けると、和紙を通した独特の柔らかく、美しい光が放たれます。
うるし職人のお父様と「うるし工房やました」のギャラリーでは、カフェも開いてらっしゃいます。
こちらのカフェで、霜触繭子さんの作品やお父様の工芸品を見ながら、ゆったりとした時間が楽しめます。
 
 
HPはこちらからどうぞ
 
HPはこちらからどうぞ
 
   
一尺や一間の寸法取りも100年前と現在ではサイズが微妙に異なるなかでの施工でした。
長い経年による、歪み・ねじれを大工さんの高い技術力で何度も何度も乗り越えて、係わってくださった全ての方々の想いがついに形になりました。
 
これまで収納庫でほとんど人の立ち入らなかった木小屋が、
コーディネータさんによるディスプレで更に、古民家として再び人の集う憩いの場所としての息吹が吹き込まれました。
 
どこか懐かしく、安心感が確かにそこにはあります。
ホッ出来る癒しの空間・時間を忘れしまう空間。
是非ご来場いただき、直接感じて頂きたい。
 
100年の時を経て、古き良き時代のあの時に更に現代の機能・技術が融合された、くらら工房の技術の集大成となった
 
 
古民家『くらら夢ひろば』
 
写真や言葉ではお伝えしきれません。
 
是非、ご来場頂き、直接感じて頂きたい。
 
沢山の皆様のご来場を心からお待ちしております。
 
 
   
〚 リノベーション前 〛
築100年の時を過ごしてきた木小屋。さまざまな物の保管場所として利用されていました。
   
〚 リノベーション開始 解体 〛
保管されていたさまざまな物を運び出し、解体が開始します。
途中手を入れた箇所や建築当時の土壁など、壁・床・天井を解体していきます。立派な梁が何十年かぶりに姿を現しました。
   
〚 高圧洗浄 〛
100年を超える間のホコリ・ヨゴレを高圧洗浄で一気に綺麗に洗い流します。
   
建築当時の今では貴重な太い梁・柱など1本1本丁寧に洗浄していきます。
建築当時の姿によみがえります。
 

木工事開始

木工事開始
 
LDK
 
 
LDKの完成イメージイラストです。
天井を走る太い梁を活かした内装や新たに導入した無煙薪ストーブと最新型のシステムキッチン、更に断熱・気密性に優れている樹脂サッシなどを採用し、新しい技術・機能との融合を目指します。
 
LDKイメージイラスト 古民家 『くらら夢ひろば』 イメージイラスト
   
 
イメージイラストを完成イメージに、いよいよ本格施工が開始します。
   
こだわりの〚 耐震補強・断熱補強 施工 〛
高圧洗浄後しっかりと乾燥させ、いよいよ木工事開始です。屋根・瓦等新しくします。
そしてこだわりの「耐震性能対策」です。建築当時の筋交い施工をやめ壁となるところは全て、耐力壁を施工し強度を確保します。
 
もちろん「断熱性能対策」にもこだわりました。床にポリスチレンフォーム75mm室内壁に硬質ウレタン吹き付け、テラス壁に高性能グラスウール90mmを施工し断熱性能を確保します。
 
 
耐力壁 耐震対策も万全です
耐震対策 耐力壁
 
耐力壁
耐震対策 耐力壁
 
 
床断熱 厚さ75mmポリスチレンフォームを採用
床断熱対策 ポリスチレンフォーム75mm
 
床断熱
床断熱対策 ポリスチレンフォーム75mm
 
 
硬質ウレタン壁吹付 硬質ウレタン吹付
壁断熱対策 硬質ウレタン吹き付け
 
硬質ウレタン壁断熱
壁断熱対策 硬質ウレタン吹き付け
吹付専門職人さんにより、隙間なく吹付ていきます。
 
 
 
テラス床断熱 テラス床断熱
テラス床断熱対策 ポリスチレンフォーム75mm
 
テラス壁断熱 テラス壁断熱 高性能グラスウール90mm
テラス壁断熱対策 
テラス壁に高性能グラスウール90mm
   
木工事完了
解体を開始すると思いがけない状態や状況にその都度、最善策を考え対策施工し、ようやく木工事が完了しました。配線工事・配管工事も完了しています。完成に向けて内装工事・設備工事が始まります。
 
 
木工事 完了 木工事完了

木工事完了
 
木工事 完了 木工事 完了
木工事完了
   
渡り廊下
 
 
古民家「くらら夢ひろば」へは、くらら展示場の玄関ホールに出入りドアを新たに設置し、渡り廊下を通って向かいます。
渡り廊下にも趣向を凝らし、飾り棚や薪ストーブ用の薪置き場などを造り、古民家へ向かう雰囲気作りをしています。
渡り廊下は展示場の庭に造ります。
直接、古民家「くらら夢ひろば」へ行くこともできます。
渡り廊下イメージ図 くらら展示場玄関ホールから渡り廊下を通って古民家「くらら夢ひろば」へ向かいます
 
 
渡り廊下施工前 渡り廊下施工前 庭
渡り廊下施工前
植栽されている植木を撤去して渡り廊下のスペースを確保し、既存デッキの先に渡り廊下を造ります
 
 
渡廊下 土台施工 渡り廊下の土台施工です
土台施工されました
   
和室
 
 
リビング奥の続きの間に和室を設置しました。
リビングと洗面室の間にある暗くなりがちな和室は、トップライト・地窓など、採光と通風を確保する設計となっています。壁と地窓上には、シッカリと収納も確保しています。
天井を取り除いた事で重厚感・安心感・なつかしさなど、姿を見せた長く走る太い梁が効果的に演出してくれています。
 
和室イメージ図 収納はもちろん採光・通風も兼ね備えた設計になっています。
 
 
地窓施工 採光と通風確保のための地窓を設けました。
採光と通風を確保する地窓の設置です。地窓の上は収納になります
 
欄間 設置施工 梁の状態に合わせた高い技術を必要とする施工です
梁を活かした欄間施工中です
経過年数により、歪みやうねりの出ている梁を
傷つけない様に慎重でかつ高い技術のいる施工です
 
 
和室 木工事 渡り廊下施工前 庭
 
天井を走る太い柱を最大限に活かし収納力も兼ね備えます
 
 
 
 
 
室内の雰囲気に合わせ、アクセントとなる飾り棚を設置しました。優しい風合いの曲線と色合いで心落ち着くアクセントになります。
 
 
 
 
隣との部屋との連続性を持たせるために、半開放的に欄間を用いました。採光・通風・装飾と言った目的のために天井と鴨居の間に設けられます。
今回くらら古民家「くらら夢ひろば」では、長く走る太い梁を欄間からも感じて頂くため、あえて欄間は開けてあります。
   
こだわりの設備
〚 無煙薪ストーブ 〛
今回の古民家『くらら夢ひろば』には、初めて採用した
モキ製作所製 無煙薪ストーブ MD140Ⅱ  を設置しています。
長野県にある、ショールームまで性能等を直接確認するため、社長と営業・工事の担当者が視察に行き、採用を決めました。
 
 
『くらら夢ひろば』薪ストーブ 古民家『くらら夢ひろば』に薪ストーブが設置完了しました
 
 
『くらら夢ひろば』に長野へ性能確認の視察で決めた、薪ストーブの設置が完了しました。薪ストーブ設置場所は一段低く、黒色のタイルが敷かれています。冬場、薪ストーブに癒し効果抜群の揺らめく炎が落ち着いた空間に鮮やかに浮かび上がるのが今から楽しみです。(記事作成7月です…)
<<株式会社くらら工房>> 〒363-0026 埼玉県桶川市大字上日出谷647番地6 TEL:048-786-8313